2013年12月16日

DS-850の特徴



DS-850の特徴を知ることで、自分がボイスレコーダーに何を求めているかがクリアになるかもしれません。

DS-850の特徴として、録音機能をまとめてみましょう。
音を拾うべき領域によって、録音レベルを変えられる点が非常に素晴らしく
広いテーブルでの会議、相手が正面にいる商談、講演など
録音する状況によって、ズームマイクが大活躍してくれます。

さらにDS-850の特徴として、再生能力の高さは外せません。
通常の再生時でも、息遣いまで録音されるほど感度は高く
細かい部分まで録音されているのだなと、感心させられるほどなんですよ。

またDS-850の特徴である声だけ再生を使えば、
紙をめくる音、椅子のキシミ音、そして息遣いなど背部の音は消し、
声だけを再生してくれますので、
臨場感は不要というビジネスシーンでは、大活躍する事間違いありません。

DS-850の特徴は、あらゆる場面において
必要な情報をしっかりと録音、再生してくれる
能力の高さに表れているといえるでしょう。

⇒DS-850を今すぐ手に入れたい方はここから
オリンパス リニアPCM対応ICレコーダー(ライトブルー)OLYMPUS Voice-Trek (ボイストレック) DS-850-LBL



タグ:DS-850 特徴
【関連する記事】
posted by ds850 at 05:00| DS-850ってどんな商品? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

DS-850の辛目の評価



購入前に、自分の使い方でも問題ないかをチェックする為、
DS-850の辛目の評価を知ることも大切ですね。

DS-850の辛目の評価【音】
ノイズカットの強を使うと、音楽再生時には不自然になる
会議なら良いが、音楽だと評価は若干落ちる
部屋での使用だと、音の反響まで録音されるので、再生時に注意

DS-850の辛目の評価【録音】
録音が開始されたら、本体には触れられない。音を拾ってしまう
録音モードによっては、ぺちゃっとした口の音まで拾ってしまう

と、ここまでがDS-850の辛目の評価として挙げられるのですが
これ以外に、DS-850の辛目の評価が見当たらないのです。

やはり、それだけの機種だという事が窺えるという事ですね。
上記の欠点も、裏を返せば録音機能が非常に高いという事になりそうです。

⇒DS-850を詳しく知りたい方はコチラから
オリンパス リニアPCM対応ICレコーダー(ライトブルー)OLYMPUS Voice-Trek (ボイストレック) DS-850-LBL

posted by ds850 at 06:00| DS-850の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

DS-850の視聴



DS-850の視聴を行えば、録音も再生機能も素晴らしいという情報も
すぐに納得するでしょう。

DS-850の視聴は、あらゆるシーンで行ってみてください。
特にビジネスの場では「録音シーン設定」を行い、
その威力を感じてほしいのです。

またDS-850の視聴の際は、是非「ボイスバランサー」を使いましょう。
特に広い会議室での録音内容の再生に向いています。
遠くの声が、まるで傍で聞いているかのようにハッキリと耳に届くのです。

DS-850の視聴をすればするほど、
買って良かったと満足するに違いありませんよ。

⇒DS-850を使うと決めたらコチラ
オリンパス リニアPCM対応ICレコーダー(ライトブルー)OLYMPUS Voice-Trek (ボイストレック) DS-850-LBL

タグ:DS-850 視聴
posted by ds850 at 02:00| 音質について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。